人気ブログランキング |

2010年 08月 16日 ( 1 )

こんばんわ、ベースの上野です。
長いと思っていた9連休も終わり、今日からまた仕事でした。
世間的には、今日までお休みの方も多いんですかね??
久しぶりに会社に行って仕事をして、これが自分の日常なんだな〜、と再確認。
と同時に、その自分の"日常"の臭気に吐き気がしてしまいました。
定年までこの生活が続くのか〜、若さを失いながら・・・と思うと、本当に吐き気がします。
(年齢を重ねること事態がイヤなのではなくて、その重ね方に問題があるんだろうなぁ・・・)
それだけ、"非日常"である夏期休暇の日々が楽しかったってことですね。

先週も書いたとおり、夏期休暇中は映画三昧でした。
映画を観て、楽器を持ってクロスビーに遊びに行って、
仲の良い人と美味しいご飯を食べて、お酒を飲んで寝る。
映画、音楽、メシ、友達、酒、睡眠。なんというか、つかの間の理想の生活でした。

結局映画は何本観たのかな・・・
☆インセプション(2回目)
☆ヒックとドラゴン
☆トイ・ストーリー3
☆小さな命が呼ぶとき
☆エグザム
☆ガールフレンド・エクスペリエンス
☆レポゼッション・メン
☆ソウル・パワー
☆プレデターズ
9作品かぁ・・・9連休だったから、1日1作品??
もっと観たような気がするんだけど、思い出せないって事は面白くなかったってことですね(笑
会長!きな子は逃してしまったので、近日中に観て報告いたします!
きな子もそうですが、ベスト・キッドや特攻野郎Aチーム、キャタピラー・・・
観たい映画がまだまだ出てきてます。逃さずに観られるんだろうか・・・

トイ・ストーリー3は、名雪さんと映画デートでした(←しつこい?w
いやでも、映画観て、食事して、そのあと4時間も密室(スタジオ)に二人っきりだったら、
それはデートでしょ〜!?(3曲しか練習してないのに2時間も経ってたのにはびっくり(笑
ん〜、でもこの日が一番充実してたかも、実際。そのあとクロスビーでもたくさん弾いたし。

あ、話が逸れた。そうそう、トイ・ストーリー3。
一部ではシリーズ最高とも言われているそうですが、確かに笑いあり涙ありの楽しい映画でした。
で、トイ・ストーリー3で発覚したのが、名雪さんの涙腺のゆるさ・・・
多分、私の5倍くらい涙腺弱いと思われます。
会長!名雪さんをRYA のVIP に推薦いたします(笑
名雪さん!また映画観に行きましょう!!

人それぞれ、涙腺に響くストーリーってありますよね。
会長は言わずと知れた犬好きなので、動物系に弱いし、名雪さんは・・・なんだろ??友情??
私は、家族愛系とか戦場における友情系に弱いです。特攻モノとかはホント反則だと思います。
あと、一番弱いのは、ダメなヤツ(ヲタクとか)が頑張ってみんなに認められるストーリー。
そういった意味では、上記作品の中ではヒックとドラゴンはけっこうやばかったです。
私が弱いのが全部入ってる。全部のせ。

あとはなんだろうなぁ〜・・・
ヒロインが美人な映画とかは、ストーリーがダメダメでも満足しちゃいます(笑
美人の定義も人それぞれだとは思いますが、久しぶりにど真ん中ストライクだったのが、
レポゼッション・メンとプレデターズで主演(助演?)していたアリシー・ブラガ。

ヤバイっす。美人。好きです。
レポゼッション・メンは正直オチが全然納得いかなかったけど、
アリシー・ブラガがど真ん中ストライクだったおかげで、私としては全て丸く収まった(笑

世界設定としては、人工の臓器を売る会社が、ローンを払えなくなった客から臓器を回収する。
サブプライムローンの家を臓器にしたバージョンみたいな、社会風刺的な感じなのかな??
生きるために人工の臓器をカラダに入れてるので、回収されたらもちろん死にます。

で、アリシー・ブラガは10コくらい人工臓器を内蔵(?)してて、支払いも超滞納してる。
その、自分の人工臓器を列挙するシーンが、露出がないのにエロい。そこで私は恋に墜ちました。
その後に普通に露出のあるシーンもあるけど、↑のシーンの方が断然エロかったと思います。

これは全然違うシーンだけど、レポゼッション・メンの1シーン。
ジュード・ロウの10円ハゲもかなり気になるけど、やっぱり美人なアリシー・ブラガ。
なんとなく貫禄もあるし。私が言うのもなんですが、年下とは思えない(笑
ストーリーはイマイチだけど、音楽とアリシー・ブラガがいい映画w
血がダメな人にはオススメできませんが、そうでない方はDVD が出たら観てみてください。
ちなみに、たしか+R15指定だったので、たぶんテレビではやらないと思います。

で、レポゼッション・メンを観てすぐアリシー・ブラガについて調べて、
アリシー・ブラガ見たさに観に行ったのが先週で上映終了してしまった、プレデターズ。

上映終了にギリギリで間に合いました。
きっと、アリシー・ブラガが待っててくれたんだと思います(←
レポゼッション・メンでは滞納者がたむろする場末のバーの娼婦兼歌い手さんだったんですが、
プレデターズではプレデターに"相手にとって不足無し"と人選された凄腕スナイパー。
男7人に女1人という設定でしたが、さすがにプレデターなのでエロスなシーンは無かったです(笑

プレデターズも、つっこみどころ満載でしたが結構楽しかったです。
大村さんとも話しましたが、こういう映画って、客のほとんどはもともと好きな人だからって。
ネットのレビューも高評価ばっかりなのはそういう訳なんですね〜。

あまりにアリシー・ブラガがど真ん中ストライクだったので、
ケータイで画像検索して大村さんに見せたら、私の女の子の好みの話しに・・・
「(私に)彼女ができないのは、好みが厳しすぎるからなんじゃないかと思う」と言われたので、
「そんなことないですよ!▽▽で○○だったら全然イイです!好みとかないです!」と答えたら、
「そりゃ男なら誰だってそうだ・・・□は欲しい」って指導されました(▽○□はご想像に!笑
そういえば、最近はRYA の会長としての活躍(?)が目立ってますが、
大村さんは"モテ道"における私の師匠でした(笑
師匠!今後ともご指導ご鞭撻よろしくお願いします〜!

このブログを書きながらも、アリシー・ブラガの画像検索で(*´Д`)/lァ/lァ・・・
こんなことしてるから時間かかるんだな。反省反省。
ちゃんとブログを投稿してから、また画像検索しま〜す。

それではまた来週♪
by groovin-jazz | 2010-08-16 22:07 | Taro