人気ブログランキング |

Groove Jazz Players Cite


by groovin-jazz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

報告

木村です。
私は無事です。

未曾有の事態となりました。
こんなときだからこそ、みんなで協力しあって乗り越えましょう!

私の状態ですが、怪我もなく元気です。
しかしガソリンがない上に、地下鉄が台原までしかきてないため、街に出るのが一苦労。。

それでもなんとか頑張っています!


まだまだこれからですが、耐えましょう!( `・ω・´)ゝ”
by groovin-jazz | 2011-03-16 21:54 | Kimura

Raindrops Keep Fallin' On My Head

昨夜宮古市の友達から電話連絡が入りました。
地震の後すぐに避難したそうで無事でいました。
涙が出そうなくらい嬉しかった。
家は全部なくなったと言ってるけど命があれば…
元気そうだった。

時間の経過とともに良いことも悪いことも現実の下にさらされてくる。
しっかり受け止めて明日に向かって頑張りましょう!
by groovin-jazz | 2011-03-16 10:21 | Murakami

I Feel The Earth Move

大変な事態となりました。
皆様ご無事でしょうか?
いまだに所在不明、連絡の取れない方々もいらっしゃると思います。
今、こうしてこのブログを更新できることがとても幸運であることをかみしめています。
亡くなられた方々には御冥福を祈ります。
われわれ被災者はとにかく命ある限り復興に向けて頑張っていきましょう。

前々回のブログに書きましたが、気仙沼行ったばかりでした。
今月の5日,6日には南相馬市にサウンドスペースの仕事で行きました。
めったに行かない場所に行き、今回その場所が壊滅状態だと。
そこで出逢った人たちの安否は?

岩手宮古市田老の友達と連絡がつかない。
元気でいることを祈ってます。

皆さんも大切な人々の安否が気がかりかと思います。
祈ることしかできないのが残念でもどかしいですが
今はそうして身の回りから、できることから全力で頑張りましょう。
by groovin-jazz | 2011-03-15 11:27 | Murakami

Mother

禁煙一周年!!
煙草の値上げやメタボ予備軍等さまざまな理由から始まった禁煙
一年が経ちました。
意外とできるものだと自分を褒めてもいいのかと…
「うんにゃ、まだまだだよ~。まだ吸いたいだろう~?」
悪魔のささやきがなくなるまでは油断禁物。
更なる一年目指してほどほどに頑張ってみよう。
とはいうもののさほど我慢はしていない。
もう大丈夫だと思われる。
気持に揺れはない…

揺れ?

揺れてる!!!!

地震だーっ!

最大震度5だって。
まだ揺れてるよ。
津波も?
大きな被害のないことを祈ります。
とりあえずテレビを押えました。
買ったばかりだから(笑)

で、何の話だっけ?

そうそう禁煙

私の禁煙記念日は誕生日でもある。
先日も書いたけど今年も忘れることなくこの日を迎えた。
嬉しい半面、切ない思い出もある。

私の母は29年前病に倒れ他界した。
肝臓癌だった。
体調を悪くしていた母は入院、手術。
手術により腫瘍発見。末期であった。
医師からは3カ月の通告。
母には言わずに看病。
12月9日の手術。
3か月ということは3月9日。
えーっ!
でもまさかね。
時限装置は解除されることなく時を刻んでゆく。
もうだれにも止められない。
約束の3月9日
大丈夫だった。
まだ意識ははっきりしていたし、会話も普通に大丈夫だった。
聞いてみた。
「今日何の日かわかる?」
「うん、おめでとう。誕生日だね。なにもできなくてごめんね。」
聞くんじゃなかった…。
今思えば残酷なことをしてしまったと。
一周間後、静かに息を引き取った。
苦しみに耐えながらも息子のことを思いやる
母はすごいと思う。

病気らしい病気もせず、風邪ひとつひかない丈夫な体に産んでくれた
母に感謝する日でもある。
母ちゃん、ありがとう。
今年も元気です!
by groovin-jazz | 2011-03-09 12:08 | Murakami

So Far Away

先週、気仙沼に行ってきた。
パーティーの中のアトラクション演奏。

当日は天気も良くピアノの金崎さんと私の車でドライブ気分~
道順を検索するでもなく行けばわかる!
ってな調子でいざ出発!
利府から三陸道に入り北上。
先月も走った道なので視界も良好~

築館経由の気仙沼というルートもあるけど
三陸道がかなり北のほうまでできたようなので
今回はこちらを選択した。

現在の三陸道の終点で降りると今度は一般道。
当然R45(成人指定ではありません。国道です。)に出るものと思いきや!
あれっ?何だか山道だよ。
心配性の金崎氏は不安顔。
私はと言えば他の車も同じ方向に行ってるから大丈夫でしょう?
道なりにしばらく走ったら「志津川」の看板
一安心でした。志津川の町はレトロな建物が残っていて
情緒あふれるいい感じの街並みでした。
ゆっくり歩いてみたいと思いました。

志津川でR45(国道だよ。)に入ったらあとは安心して北上すれば
いずれ到着するでしょう?
ほら、2時間コースださ?

しばらく北上した。

なおも北上。

さらに北上!

ようやく気仙沼市に突入!

でも南端。

また北上。

あっ、海!
e0171455_10435760.jpg

もひとつ北上。
大谷海岸!有名な海水浴場。知ってる~
気仙沼だよ。
海~
e0171455_10454532.jpg

もっと景色のいい場所もあったけど撮り逃した。

心配性の金崎氏、HOTEL にTEL。
まだ2,30分掛かるってよ~
あら、大変。
でもふかひれラーメン食べたいね?
などとラーメン屋さんの多い街道に舌なめずりをしつつ
ナビゲーターとしては最もふさわしくない人がナビゲート。
話の裏まで読んでようやく到着したのはお約束の時間の数分後でした。
ごめんなさい。

高台のHOTEL。控室はもちろんオーシャンビュー!
早速パシャリと一枚
e0171455_11153957.jpg

さすが漁船の基地。
もう一枚!!!????????
e0171455_1116221.jpg

空に浮かぶ未確認飛行物体?
母船と子船?


まさかね…

部屋の照明でした。

帰りは夜。
海も見えなきゃ太陽も出ていない。
北も南もわかりゃしない。
市内をくるりと一回りしてR45にたどりつく。
途中GS(グループサウンズじゃないよ。ガソリンスタンド。注釈入れるなら略さなくてもいいんじゃね?)に。
夜だったのでなかなかなかったGSに一安心。
その後は妙に後続車両にあおられながらも無事生還。

そんなこんなの珍道中

どちらもケガなく無事帰宅~
メデタシメデタシ。
by groovin-jazz | 2011-03-08 11:18 | Murakami

Take The A Train

昨日3月3日はクロスビー開店19thアニバーサリーでした。
ニューヨークで活躍中のギタリスト鬼塚正男さんをゲストに迎え
スペシャルステージが開催されました。
e0171455_156648.jpg

アコースティックギターの音色が素晴らしく
POPSを中心に独特の世界を繰り広げてくれました。
あまりの心地よさに二部のShowTimeでは夢の世界に迷い込むお客さまも…

控室では色々なお話を伺いました。

普段はニューヨークの地下鉄の構内で演奏しているそうです。
仙台、日本ではStreet Musicianのライセンスがあるのかどうか
聞いたことはありませんでしたが、
NYの地下鉄では誰もができるわけではないそうです。
ちゃんと年に一度のオーディションを受けて合格した者のみが
Bookinngをいただけるということでした。
一日3時間。ワンステージ。
これを週に4日くらい。
場所は何か所か決められた場所があり、2週間ごとにBookinng票を渡され指定された時間にその場所に行って演奏するということでした。
一年間働くと翌年には名前と連絡先などのプリントされた横断幕を支給され、ステージの後ろに立てて演奏するそうです。
最初はJazzのスタンダードを演奏していたのですが実入りが悪い。
つまり受けが悪かったそうです。
同業者とは仲良くなれて情報交換も。
そこで教えられたのは「30年代40年代の曲なんて古すぎて受けないよ。
みんなもう死んでるじゃないか~?」
それじゃと考え直して取り入れたのは
ビートルズ、ビリージョエル、スティービーワンダー等のPOPS。
自分が若いころに好きだった曲を演奏するようにしたら人が集まるようになったそうです。

パフォーマンス一つで稼ぎも変わる、厳しくも現実的な世界なのだと教わりました。

それから、注目されるのが彼の持つギター。
1940年代のGibson製。
声をかけてくれる人の中には自分も音楽やってますと言う人が多いそうで
その中でもギタリストが多く、このギターのことを聞かれたり
売らないのかと言われることがよくあるそうです。
本来ならこんな雑踏の中の空気のよどんだ場所で使う楽器じゃないのですが
いわゆる広告塔の役目を果たしてくれているとのことでした。

時折博多弁の混じるとても気さくな方で、クロスビーに来る前日は我々の動画を見てきてくれたとのこと。恐れ入ります。
スキーが好きで前日は蔵王、来週は札幌でスキーとLive。
奥様と一緒にNY~JPを旅して…遊んで、仕事して!
素敵な生き方だと思います。

ステージ後半は我々とのSession Time!御一緒させていただきました。
e0171455_15412030.jpg


NYの地下鉄と言うとちょっと前までは怖くて危ない乗り物という印象が強かったのですが
最近は治安も良くなってきているとのこと。
世界で頑張ってる日本人は誇りに思えますね。
最後はA Trainで締めくくりました。
by groovin-jazz | 2011-03-04 15:53 | Murakami

What A Wonderful World

e0171455_10402119.jpg

我が家のハウスバンドがやってきました。
先週LIVEをやったJAZZ ME BLUES NOLAから~。
と言ってもすぐに帰っちゃうわけじゃありません。
うちの専属バンドとしてず~っと居てもらいます。

これ何なの?

先週のLIVE終了後に後片付けをしてマスターに御挨拶をしようとカウンターへ
いくと何やら小箱が積み重なってて、その前にこのバンドメンバーが並んで立ってました。
以前よりこの手の人形は欲しかったのですが、ギタリストのいるバンドがなかなかなくて
購入を控えてました。
このバンドにはギタリストがいるじゃありませんか~
しかも6人編成。
仙台でもこれだけのバンドはそうそういませんよ。
で、お値段はと言うと…

「今回のフィギュアのお値段は~~!なんと~1000円!
送料金利手数料は〇〇が御負担いたします~~!」

送料金利手数料はありませんが、このフィギュア6体もいるのに
たったの1000円。
「おどろきだよね~」
と地井さんもびっくりしそうな値段。

マスターこれ何ですか?

「日本ルイ・アームストロング協会」
というのがあって、そうですサッチモの名前ですね。
このフィギュア一体から500円が協会から台風被害のあったニューオリンズに
寄付されるということでした。

後付けではありましたが一口乗らせていただきました。
私はあくまでもフィギュアが気に入って購入したのですけどね…。

現地の復興は進んでいるのでしょうか?
聞くところによると人種間差別は未だに蔓延っていて復興も順番があるようです。
ニューオリンズといえばJazzの盛んな街。
私のイメージで言うとDexyを演奏する人たちがストリートのあちこちにいて
唄ったり踊ったりして賑やかな街かな?
実際は違うのかもしれませんが、行ったことのある方教えてください。
一度は行ってみたいとは思うのですが…

昔、JazzをやるならDexyを聞きなさいと言われました。
原点回帰ですね。
ふと、思い出しました。
by groovin-jazz | 2011-03-02 11:10 | Murakami

CANDY

弥生が来ました。
ってもお姉ちゃんの名前じゃないよ。
この月、昔から好きなんです。
なぜって生まれ月だからかな?
誕生日という一つの主役になれるイベントがあるから。
それも一つの理由ではあるけど…

昨日誕生日の方がいくつになっても嬉しい日だと言ってました。
私もそうです。
50年一度も忘れたことはありません。
年に一度の自分だけの記念日だもの。素直にうれしいです。
歳を重ねることは二の次ですから。
ちなみに来週ですTHANK YOU!

もうひとつの訳は季節の変わり目だから。
それも厳しい寒さの冬から次第に暖かくなり春を迎える。
ピンクの桜が冬に引導を渡すからかな?
モノトーンの世界からパステルカラーに変化する時ですね。
気持も上昇気流になる。
土筆と一緒にやる気も出てくる季節です。


先週MM Duoの二回目のLiveをしてきました。
e0171455_11391926.jpg

ご覧ください。
MIKAさん真っ赤なドレスでしたよ。
珍しいですね。そんなことないんですか?
それこそいつもモノトーン系の衣装が多かったように思うのですが。
「赤と黒のブルース」みたいですね。
JAZZ ME BLUES NOLAでの演奏でしたが
あいにくなことにオーディエンスは極々少数。
いらしていただきました方々。誠に感謝感激でございます。
あの演奏を聴くことができた幸運な、神様に選ばれた方々かと思います。
大変ありがとうございました。
そんな訳でちょっと寂しい空間ではありましたが
内容は濃く、以前のLIVEよりグレードアップしたことは言うまでもなく
これからの可能性も垣間見ることができたかなと思いました。
次はいつやろうかな?
雪が溶けて川になって流れていって、
つくしのこが恥ずかしげに顔を出したら始めましょうか?ねっ!
by groovin-jazz | 2011-03-01 11:54 | Murakami