人気ブログランキング |

Groove Jazz Players Cite


by groovin-jazz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

うるうるうる

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Vo  Nao Yasuda
   Pf   大村武司

今日は4年に一度の2月29日

今日が誕生日の方も四年に一度の誕生日に心躍らせていることと思います。

Crosbyのメンバーにもいるんです。

ギターの高見良蔵さん。

最年長の高見さんも誕生日は十数回目です。

知り合いの娘さんは今夜にも出産しそうだとか?

なんとその病院では今日4人目だとか…!

月末に変わりないのですが、なんとなく四年に一度のレアな月末という感じです。

さて、明日から3月。

変化の予感~

そうそう、イベントやります~!
e0171455_15465568.gif


皆様お誘い合わせのうえのご来店お待ち申し上げます。

また雪が…
by groovin-Jazz | 2012-02-29 15:54 | Murakami

雪、雪、雪

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Gt  那須尚平
   Gt  村上德彦

すっごい雪!
今年一番積ってるんじゃありませんか~?

そんな中、榴ヶ岡のサンプラザでは「仙台ビッキの会ドリームチェーン」
のチャリティーライブがあります。

稲垣潤一さんから以前に電話をもらっていて
顔を出すように言われていたので
先ほどリハーサルへお邪魔してきた。
さすがの雪に皆さんびっくりでしたが、
時間に遅れることもなく粛々と進んでいるようでした。
Saxの安田氏もいたのでしばし談笑。
その後、控室に通され稲垣氏にごあいさつ。
横では中村雅俊さんが今日みんなで唄う歌を大急ぎで覚えていた。
なんと、ギターを弾き語り…
かっこいい人です。

早々に退散してきた私は今夜のCrosbyの準備

今夜は山形よりギタリスト那須尚平さんがトラで入ります。
久しぶりのセッション
Duoは初めてです。

先日骨折したと騒いでいましたが、
車の運転には支障ないようなので一安心です。
ただ、今日のこの雪なので、歩いていても滑ってギクッ!なんてことにならないように
注意してほしいものです。
読者のみなさんもですよ~!

彼はいつの間にかJazzギタリストと言われるようになってしまって
困惑していると以前私に話していました。
私もそうですが、お互いFusion世代ですので
どちらかと言えばFusion大好きギター小僧です。
「東北のファットメセニー?」の異名を持つ彼とのセッション
たのしみです!

御足もとに気をつけてCrosbyでの夢のセッションにいらしてください。
by groovin-Jazz | 2012-02-25 14:00 | Murakami

気になる気になる~

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Gt  村上 徳彦
   Bs  青木 大志

最近ラジオでよく流れている曲があって
気になってる。
探してみた。


「家入レオ」さん。
17歳の高校生だそうな…
この曲は15歳の時に出来上がっていたそうです。
すごいね~
歌詞も曲も唄も!

地元福岡の音楽塾で学んだそうです。
「音楽塾」いいっすね。
仙台にはないかも。

「サブリナ」

今の時期に聞いてるので

「寒いな(サブイナ)」って聞こえるのはオヤジの証拠でしょうか?


うっ、サブ!

若いからなのか、伸びのあるいい声してるなと思いました。

こちとら伸びるのは"間"くらいですかね?
by groovin-Jazz | 2012-02-24 14:55 | Murakami

夢の四回転

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Tp  沢野源裕

山形在住のギタリスト「那須尚平」さん
なんと骨折したそうです。
スケートでトリプルアクセル?でもしてたんでしょうか?

実は今週の土曜日にGt高見さんのトラでCrosbyに来て頂くことになっていました。

昨日FaceBookを見たらこのニュース!
さすがに人望の厚い彼に心配するコメントは沢山入ってましたね~

でもって、土曜日はどないなんねん?

彼にメールで安否の確認をしたところ
「ダブルアクセルなら飛べます!」
だって(笑)

なわけで、今週土曜日は
那須尚平さんと私のギターデュオでのステージとなります。
おたのしみに!
by groovin-Jazz | 2012-02-23 11:22 | Murakami

“Crosby 20th anniversary”

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Vo  Nao Yasuda
   Pf   大村武司
   Gt  村上徳彦

色々とやることがあって、つまり忙しくしてて
ついついブログが後回しになってしまい気が付けば
10日も休んでしまいました。ごめんなさい~

で、なにしてたの?って言うと
こんなん作ってましたんや~

e0171455_1654341.gif

e0171455_1655730.gif


“Crosby 20th anniversary”

日ごろのお客様のご愛顧に感謝の気持ちを込めての特別企画!

メンバー総出演(三日間で)
スペシャル料金(4,000円で3ドリンク+1プレート税サービス料込)

という超お得な企画をご用意しました。

20周年を迎え更なるステージへと展開するCrosby!

これからも末長く可愛がってください。
よろしくお願いいたします。
by groovin-Jazz | 2012-02-22 17:05 | Murakami
e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Gt  高見良蔵
   Gt  村上徳彦

LarryCarltonが銃で撃たれて大怪我
というニュースを聞いたときに
もうこの人の演奏を聴くことはできなくなるのかと
ひどく心配したことがあった。

幸いその後彼は復帰したのだが、
かなりのリハビリを積んだらしい。

復帰第一作目のCDを手にした時は嬉しかったな~
その選曲にはちょっと驚いたけど…

こんな曲も入っていました。


EricClaptonの「Layla」
やられちゃいましたよ~
私の高校時代からの大好きな曲でしたから~
どうやって弾くのだろうと同級生と話したのを覚えてます。
いまのようにY-TUbeがあれば問題なかったね~

その点ではこれから何かをやろうという方々にとって
便利な世の中と言えますね。
でも、耳コピーは大事だよ。
血となり肉となるからね~
by groovin-Jazz | 2012-02-11 16:44 | Murakami

Peg

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Gt  村上徳彦

「LarryCarlton」今日も少し。

スタジオミュージシャンとしての彼の活動は
依然として続いていく。
その数や数千曲とも言われているが、本人も把握はしていないだろう。

サウンド作りにすごいこだわりを持ち
一曲のレコーディングで何人ものソロイストに録音させて
ベストテイクを使うバンドがある。

「SteeryDan」

Carltonもレコーディングにはたくさん参加している。
同じ曲で何人ものギタリストのソロ中から
選ばれているところから
曲の解釈、センス、テクニック…すべてが気に入られたのだろう。

そこでのソロも楽曲の一部のメロディーラインのようだ。
とにかくよく歌うギタープレイである。

この曲の雰囲気。似てますよね?
昨日の「Room335」と…
どうやらこれからインスパイヤされてできた曲らしいです。
by groovin-Jazz | 2012-02-09 11:46 | Murakami

Mr.335

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Vo  Nao Yasuda
   Pf   大村武司(早い時間はGt村上徳彦がトラ)



ギターのエフェクターが進化し、サウンドに変化が訪れて
ディスト―ションサウンドが以前のファズサウンドより耳に
心地よくなった。
カルロスサンタナの影響も大きかったのかもしれない。

ついにCarltonが大Hitを放った。
折からのFusionブームは大勢のギター小僧を生んだ。
私もその一人!
リーリトナー、コーネルデュープリ―、エリックゲイル、デビッドスピノザ…
上げたらきりがない。
おいおい紹介していくことにしよう。

「Room335」この曲のタイトルだが、彼の自宅スタジオの名前だ。
「335」は住所ではない。
彼のトレードマークたるGibsonのES-335というモデルのギター
からとったのだ。

当時のギター小僧がこぞってこのES-335を買ったのは言うまでもない。
私もその一人だ。
しかもギターアンプは「MesaBoogie」!
ミーハーです。
でも、同じ音がすると思って買ったんだよね~
あとは腕だと…

最後のひと品がなかなか大変だ。
いまだに手に入れられない。
一生無理な話だけどね(笑)

昔雑誌に紹介された彼の車のナンバーは「GTRMAN〇〇」だった。

2年前に私が買った車のナンバーは「335」
どうぞ笑ってください。

by groovin-Jazz | 2012-02-08 17:05 | Murakami

Sleeping Gypsy

e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Ds  行方基朗

東京中野サンプラザホールに行った。

かれこれ30年程前。
兄と兄の友達の運転するいすゞベレットに乗せられて。

いすゞベレット。
ご存知の方はいるだろうか?
いわゆるスポーツ車
一応四人乗りではあるけど後ろの座席は一人で乗っても窮屈である。
三人の中で一番ガタイのデカイ私は年少なので後部座席へ座ることに…

仙台から中野まで何時間かかったのだろうか覚えていないが、
夜中に出発して高速道を走ったのは間違いない。
何しろ窮屈だったことしか…

何をしに行ったの?

コンサートを見に行ったのです。

誰の?

「マイケル フランクス」

当時コンサートの情報が錯綜しており
サポートメンバーは「Crusaders」の面々が来るらしい?

まさか~?でも行ってみよう。

…残念ながら「Crusaders」はいなかった。
夜がけして着いてからもほとんど眠らずに遊んでいたので、
マイケルの歌は子守唄になってしまった。

「Michael Franks」
彼の初期のアルバムを2枚同時に聞いた。
バックのミュージシャンたちの顔ぶれがすごかったし、
サウンドもゴキゲン(死語?)だった。
しかも私の大好きな「Larry Carlton」もはいってた。
またしてもノックアウトされたのがこのテイク

4小節ごとに一音ずづ転調していく曲だ。
まるで当初から作曲していたかのようなソロはメロディアスこの上ない。
まさにカールトンの真骨頂である。

そしていよいよあの大ヒット作がリリースされるんだね。
また明日~
by groovin-Jazz | 2012-02-07 11:38 | Murakami
e0171455_10251891.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Ds  行方基朗

立春が過ぎたとはいえ相変わらず寒い日々。

先日来書き始めている私自身の独断と偏見による「LarryCarlton」考

今日も「Crusaders」時代の曲から。
以前にもアップした「Spiral」はホットな演奏でしたね。

メロウなものはよりメロウに、
激しいものは熱く弾きまくり~
変幻自在、楽器を鳴らしまくっているって言うんでしょうかね?
喜怒哀楽がフレーズに見事に表れています。

70年代も中盤になるとエレクトリックギターの世界にも
大きな変化が訪れます。
エフェクターによる音色の多様化。

とりわけ歪んだサウンドはよりHotなジーカン(感じ、フィーリング)を演出してくれるようになりました。




「Crusaders」での活動を行いながらスタジオミュージシャンとしても
沢山のアーティストのレコーディングに参加して、
多くの名演奏を残していました。
その辺のところはまた明日。
by groovin-Jazz | 2012-02-06 16:09 | Murakami