人気ブログランキング |

Groove Jazz Players Cite


by groovin-jazz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あの時君は若かった。

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Gt  村上德彦
   Bs  青木大志

昨夜のお客様。
私の高校の同級生。
そう、3年八組の一人。
ユニットを組んでいるネイサンと同じサッカー部のキャプテンだった彼。

スリムな身体に、サラサラヘアー

かっこよかった。

よかった…

近年彼の中学の同窓会で詐欺師と言われたそうな~
なぜなら今の彼に、当時の面影のかけらも残っていなかったからだ。

仕方ないよね~
もう、40年近くも前の話なんだから(笑)

かくいう私はと言えば、
中学時代の同窓生が集まると
「おっきくなったな~」
が、決まり文句である。
中学当時身長は小さい方だった私は、
高校に入りスルスルと伸びだしクラスでも後ろから二番目とか…
中学時代に私よりはるかに大きかった面々を
追い抜いていたのだから。

話は戻って、サッカー少年は今では
サッカー部顧問をしている。
生徒とともに動いているかと聞いてみたら
危険なことはしないとのこと。
先日、OB戦の時に試合に出たけど
5分で身体が悲鳴を上げたらしい。

なるほどね~

私にも、無理だぞって言われたけど
俺は野球やってるし。

もうすぐ開幕だし。

ピッチャーやるし。


走るし…。



……


自信無くなってきた。


大丈夫かな?今シーズン。


怪我しないように頑張ろう。

by groovin-Jazz | 2012-03-30 11:55 | Murakami
e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Vo  Nao Yasuda
   Pf   大村武司
   Gt  村上德彦

昨夜のお客様。大村さんと同郷の方で、地元の話に
花が咲いてましたが、大村さんも地元を離れて
仙台の方が長くなったのか、話のかみ合わ合ないところも…
もう、仙台人ですね~

そんな中、リクエストで「I Left My Heart In San Francisco」
の演奏中、ゆら~りゆらりと揺れだした。
岩手県沖震度5
仙台は震度3だったようですが、当店はビルの5階。
もうちょっと揺れたように感じました。

演奏は2コーラス目でGtソロの途中。
そう、私のソロ。
3小節目で揺れを感じ8小節リピートのころには最高潮。
でも、演奏はだれもやめない。
ざわざわしたけどだれも止まらない。
結局、その曲は最後まで演奏された。
さすが~雨にも負けず、風にも、地震にも…って感じのプロ軍団でした。
お客さんもちょっとびっくりしていたけど
曲とともに揺れも治まった。

ステージ前にお客さんと音楽ジャンルについて話をしていた。
Jazzってなに?Jazzはわからない~とか…

私、曲が終って、一言。

「これが、スイングジャズでした…。」



Tony Bennett 85歳
すごいですね。
私も元気なチャンジー目指して頑張ろう!
みなさんもね~
by groovin-Jazz | 2012-03-28 10:28 | Murakami

解体

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Ds  行方基朗
   Gt  村上德彦

前回のブログで、隣家の解体云々を書きましたが、
見事なまでに解体されました。
e0171455_1035463.jpg

まずは、周りを囲んで重機が入ります。
がつがつと、割と小刻みに砕いて行きました。
そして、こうなった。
e0171455_1043439.jpg


私の実家も20年ほど前に解体しました。
私は、見たら涙が出るかと思い現場に立ち会うことはやめました。
後日、更地になったその場所を見たら、なんとも狭いような広かったような…
子供のころ庭でバトミントンをやったり、ピンポン玉で野球をやったり。
雪だるま、カマクラ、雪の彫刻?
秘密の基地まで穴掘って作ったりした。
親に怒られたね。
大きな梅の木が二本あって収穫するのに木に登って揺らした。
兄が、柿の木の枝にぶら下がって鉄棒のようにしていたら
突然折れた。柿の木は弱いというのを身をもって知った。
イチジクの木もあり、実がなると捥いで食べた。
夏になるとドクダミのにおいがすさまじくなり、
茗荷が隣でたくましく自生していた。

昔話もいいかも?
写真を探して、次回に続く…
by groovin-Jazz | 2012-03-27 10:23 | Murakami

変わりゆく風景

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Pf   大村武司
   Ds   行方基朗
   Gt   村上德彦

スケジュール表には載ってませんが、基本私村上は毎日出演してます。
あくまで、基本ですので、いない時もたまにあります。ご容赦を…

風が強いです。
春一番の吹いたところもあるようで、
この時期は風の強い日が多くなりますね。
いろんなものが飛ばされないようにご注意ください。
飛んできたものにもご注意を!

そんな中、ご近所では家屋の解体をしてます。
e0171455_11283461.jpg

いかにも昭和の建造物がまたその姿を消そうとしています。
黄色いアパートもつながっているので明日にはなくなるでしょう。
昭和30年代かな?子供のころにはあった建物だと思います。

昨年の震災で津波被害もさることながら
揺れによる家屋の被害もあちこちでみられ、
やむなく解体されたり、集団移転などという話も聞こえてきます。

時代の流れでしょうが、自分の育った時代のものがだんだん消えて
新しい街に変わっていくんですね。
乗り遅れないようにしないと迷子になってしまいます。
散歩に良い季節がもうすぐ来ますね。
カメラを持って又ブラノリしてみようかな?
by groovin-Jazz | 2012-03-19 11:40 | Murakami

暑さ寒さも…

e0171455_14153194.gif
本日定休日

昨日はお彼岸の入り。
母の命日でもある。
午前中からお墓参りに行ってきた。
最近何かと神頼み的なところが…
ご先祖様にもお力を貸していただこうかと…(笑)

今日になって私の兄のブログを見て母の想い出に涙した私でした。
兄への「茶封筒の手紙」
上京した兄への母からの手紙だ。
寂しかった母の気持ちや、われら息子たちを心配する親ごころが
綴られていた。
そんな存在すら知らなかった私。
私への母の思いも垣間見えて…
もう母が亡くなってから30年になるというのに
今まで知らなかった。
許される範囲でいいのでぜひそのお手紙拝見させていただきたいものです。

昨日は、そんな母の手紙の存在も知らないもんだから、
お墓参りの後、「わんこそば」食べたい~なんて
いざ、花巻!
人生3度目のチャレンジである。
あいにくの雨模様であったけど、
朝から何も食せず空腹状態のベストコンディション?
おととし、たばこをやめてから、たくさん食べることができなくなっていたので
大記録は望めないと平均数を食べられたら良しとしよう~
とは言いつつも私の闘争本能の点火スイッチはONになっていた。

戦いは始まった。

序盤6杯くらいであれっ?まだ、これだけ?
意外ともう飽きた?
おそばの準備も割とスローペースで間隔が開く。
こういうものは一気が肝心なのに…
などと余裕?の思いでつまみの刺身や、塩辛に手を伸ばす。
んっ?イカって腹で膨らむのでは?
♪不安な気持ちを残したまま~(ルージュの伝言)
おそばは基本投げ入れられる。
時に、お椀を持った手の方に…(軽く熱い。)
時には顔面直前の椀の中に投入されたりする。
もちろん顔面の温点も刺激を受ける。

そばとの格闘は中盤に入り、給仕のあねさん(そう言うらしい)との
呼吸も合ってきて最高潮!
椀の中の麺は口中で切断されることなく
食道を通過し胃までストンと。
目の前のお椀が摩天楼のごとく高々と積み重ねられていく。

絶妙のタイミングであねさんの一言!

「一般男性の方は50杯くらいですね~」

「徐々にペースはゆっくりになるんですよ~」

「お時間は大体15分から20分ぐらいですかね?」

と、満面の笑顔でプレッシャーの声掛け。

なんのそんな巧みな口撃に負ける私ではない~
あくまでも一般大衆の話だろうが…
マイペース、マイペース049.gif

隣のテーブルのお客さんたちがそろそろギブし始めた。

さすがに私も、拷問を受けてる感になってきた。

時間にして15分から20分!

あねさんの投入を遅らせるべく筋子に手を伸ばしたり、
薬味をのせたり…
ペースが落ちてきた…。


「はい、あと少しでちょうどきりがよくなりますよ~」
またまた姉さんのやさしくもドSな囁き。

ラスト5,6杯はもはや食事ではなかった。

e0171455_13155913.jpg

70杯
e0171455_13173455.jpg

どこが食べられなくなったの?
次は大関狙います!

熱い戦いを終え、外に出ると冷たい雨が頭を冷やしてくれた。
by groovin-Jazz | 2012-03-18 13:04 | Murakami

Tuxedo Junction

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Ds  行方基朗
   Gt  村上德彦

昨夜のCrosby

京都からいらしたお客様、大阪より親子でいらしたお客様
今度東京へ行ってしまうお客様、お久しぶりでいらしたお客様等々
たくさんのお客様がいらっしゃいました。
どうもありがとうございます。

大学時代石巻で青春時代を過ごしたという京都からのお客様
震災後一年ということでお見えになったとのこと。
先生や、友達に逢いに来たそうですが、未だに連絡が取れない方も
いるそうで…
皆さんに逢えるといいですね~

大阪からいらしたのは、息子さんがこの春から東北大学生となるそうです。
初めての一人暮らし。遥かみちのくの地でやっていけるのだろうか?
と、不安になっているのはお父さんの方かも…
さみしくなったらCrosbyに遊びにおいで~

「東京で演奏することはないのですか?」
以前よりよくいらしていただいていたお客さま。
「まあ、ないですね。」
この四月から東京住まいになるそうで、
なかなかCrosbyに来ることができなくなるとのこと。
仙台~東京新幹線なら2時間。バスなら2800円
近いじゃないですか~
「また、来ます!」
嬉しい言葉をいただいた。
東京でもお元気で!

弥生の月のCrosby
出会いと別れのジャンクションですね~

by groovin-Jazz | 2012-03-13 12:13 | Murakami

HappyBirthdayToMe

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Vo  Mika
   Gt  村上德彦

今日は、青木君鶴岡出張のためMikaさんがトラで入ります!
他にもスペシャルゲスト!!!!
Saxの安達理慧!
昨日神奈川から里帰りしました。
昨夜もCrosbyに遊びに来てくれました。


今夜も来てくれるそうです。
ファンのみなさん!集合ですよ~!

それから今日は3月9日


レミオロメンです。
実は私の誕生日。
また一つ歳をとるのは同じだけど、
今年は意気込みが違うかも…

頑張りますので応援よろしくお願いします。
by groovin-Jazz | 2012-03-09 12:32 | Murakami

ジャスは仙台の公用語

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Gt  村上德彦

先日高校の同級生が店に来てくれた。
面白い話を聞いた。


「ジャス、ねっぱっていずい!」


これ、意味分かる人は間違いない仙台人です。


わからない方のために翻訳すると

「ジャージが体に張り付いてどうにも塩梅良くない。」

といったところでしょうか?

私も仙台人。
標準語がわからない。
とくに、「いずい」に至ってはぴったり当てはまる標準語が見当たらないです。

ほかにもたくさん出てきた。

「黒血」(くろち)
これは体をどこかにぶつけたりした時に
黒くアザになりますよね?
そのアザ(青たん?)を黒血と言います。
「いてっ、黒血よったよわ!」
なんて使います。

「すっぱね」
雨の日に水たまりで泥水が跳ね上がり
自分のズボンに飛んで汚してしまう。
その、水はね?のこと。
「スッパネ上がって泥だらけだよ~」


ごみは「投げる」とよく言いますが、
「投げるではなくて「捨てる」ですよね?
でも、「ゴミ投げしてきて~」なんて普通に言います。

青森や、沖縄の言葉は単語自体が違うとよく言いますが、
何の何の仙台だって負けてませんね。

「お国訛り」

これも文化だっちゃだ~れ!

んだすぺ?
by groovin-Jazz | 2012-03-08 12:51 | Murakami

Spring song

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Vo  Nao Yasuda
   Pf   大村武司

今日も暖か模様。
でも、風が強い。
そろそろ「春一番」が吹くのかな?

春の歌を探していたらこんな曲を見つけました。


子供用の曲だけど4ビートだったりして…
ちょっとカッチョいいね~

別れと出合いのシーズン

Crosbyで新たな出会いも?
by groovin-Jazz | 2012-03-07 10:48 | Murakami

Joy Spring !

e0171455_14153194.gif
本日の出演
   Pf  大村武司
   Ds  行方基朗




昨日大雪だと思ったら今日は暖かい。

三寒四温で春がやってくるんだね。

今日は"Joy Spring"特集して見ます。
最初は大好きな"Manhattan Transfer "

このアレンジのもとになったのがこれ


後半のドラムとの掛け合いのクリフォードブラウンのフレーズ
までまんま唄ってましたね。
マントラすごいですね~

最後は"Joe Pass"

by groovin-Jazz | 2012-03-06 13:02 | Murakami